住宅・病院診療所・幼保・福祉施設の企画設計監理
 
 
小川建築設計事務所ロゴ

小川建築設計事務所

業務の流れ

 
TOP > 業務の流れ

準備は良いですか?

ARE YOU READY?

 ○敷地の情報(測量図や地図等)

すでに敷地を所有する方は敷地の資料をお持ち下さい。尚、資料をお持ちでない方や現在土地を所有されていない方は、候補地の売土地チラシ持参などでご指示頂きます。
※土地をお探しの方は別途ご相談下さい

 

 ○全体工程と予算の目安

いつごろ着工し、いつまでに入居したいなど工期の目安を予めご家族で話し合って下さい。また、おおよその全体予算を分かる範囲でお考え下さい。

 

 ○資料等

雑誌やチラシなど、お気に入りの建築写真や平面図等があればご準備ください。言葉だけでは分かりにくいニュアンスをより正確に把握できます。

 

 ○服装等について

心も服装も、リラックスできる普段着でお越しください。

 

全体フロー

FLOW

1.お問い合わせ・相談予約

まずは何より、どうぞお気軽にお声掛け下さい。 

 
 
 

2.お会いしてゆっくりお話をしましょう【無償】

打ち合わせ

お互いの価値観を共有しながら、まずは当事務所の「人」をご判断ください。そして相談したい内容・考え方・将来の目標などのお考えをお聞かせください。おおまかな予算や工期などを確認しながら計画に反映させたい内容を一緒に考え、それらにふさわしく心地よいカタチを見つけていきましょう。
 
 
 

 

3.ファーストプランを作成します【無償】

提案図

敷地調査などを行った上で、お話頂いたイメージを元に基本的な考え方をプランにまとめます。他の事務所さんやメーカーさんの案と比べて頂いても構いませんので、お持ち帰り頂いてゆっくりと眺めてください。そしてあなたの価値観と照らし合わせながら、当事務所に任せるかを少しずつ考えて下さい。
 
 

 

 4.基本計画業務契約(仮契約)

ファーストプラン内容や当事務所の取り組み方に納得いただけましたら次へ進む為の「基本計画業務契約」を締結して頂きます。費用は一律75,000円(税別)※1です。尚、のちに設計監理契約(本契約)を締結して頂いた場合この費用はそれら契約金額に充当されます。
※1 木造住宅の場合。その他は別途お問合せ下さい。
※この段階で詳細な敷地測量を行います。費用は別途お問合せ下さい。
 
 

 

 【その後の流れ】

5. 基本計画の作成
ファーストプランを元にイメージを膨らませながら、具体的計画を作成していきます。プランや模型・CGなどの提案資料を作成し、概算工事費と設計監理料の見積りを作成します。気になる部分があればその都度会話を重ね、プランを納得できるレベルまで引き上げていきます。場合によってはファーストプランと全く違うプランになるほどの濃い打合せを重ねていきます。
※この基本計画図を元に当事務所に依頼するかをじっくりとご判断ください。
※金融機関融資をお考えの方はこの段階で融資手続を行います。
 
6. 設計監理契約(本契約)
ご検討の結果納得していただけたならば、当事務所と設計監理業務委託契約を結んで頂きます。契約金額・支払い条件などを双方確認したのち契約書に盛り込みます。このときから当事務所との二人三脚が正式スタートです。理想のカタチを実現できるよう一緒に最善を尽くしましょう。
 
7. 実施設計開始
基本計画をもとに実際に施工する為の図面を作成します。複数回打合せを重ねながら内外装の仕上げ・キッチンやお風呂の仕様・サッシの仕様・細部のディテール・建具形状や金物の種類・照明・給排水の計画・筋交計算やN値計算・外構計画などなど、建物に関わる全ての仕様を確認決定します。通常、構造や規模などによりおおよそ2~4ヶ月程度のお時間を頂きます。
また、実施設計の最終段階に建築確認申請を提出します。
 
 8. 工事費見積り
実施設計図を元に施工候補者へ見積りを依頼します。施工候補者は当事務所が経験と実績を元に複数社ピックアップし、お客さまの意向などを元に選定します。各社からの見積もり内容を比較し減額検討などを経て施工者を仮決定します。その後仮決定した施工者と個別に内容を詰めながら最終的な施工金額が決定します。
※依頼したい施工者がある場合は優先します。
※各社の見積りが出揃うまでおおよそ平均2~3週間。
 
 9. 施工者と工事請負契約
理想の建築を実現させるため、あなた・当事務所・施工者のチームが結成されました。前もって当事務所と結んだ設計監理業務委託契約と施工者と結ぶ工事請負契約、この2つの契約によって
 
あなた+当事務所 ⇔ 施工者
 
という図式ができあがります。当事務所はあなたの代理人として、あなたの意向を施工者に伝えたり、施工者からの質疑や提案を一般用語変換して分かりやすくあなたに説明します。
 
10. 着工・現場監理開始
着工前準備・工程の確認・地鎮祭などを経ていよいよ着工です。図面通りに現場が進んでいるかのチェックはもちろん、図面では見えにくい詳細部分の検討・決定、施工図のチェック、仕上色の検討・決定、中間および完了検査など法定検査手続きなど、建築を成立させるための最後の味付けをしていきます。一般的には図面さえあれば現場が動くと思われがちですが、むしろこの現場監理で建物の良し悪しが決定する、とてもとても大事な業務です。
 
※現場のおおまかな流れ
(木造建築の場合)
地鎮祭

地鎮祭

 ↓
 ※地盤補強
 ↓
 基礎工事
配筋検査

 ↓
 土台敷き
 ↓
 上棟
上棟

 ↓
 木工事
 屋根工事
 サッシ工事
 etc
 ↓
 外壁工事
 ↓
 内部造作工事
 ↓
 外構工事
 ↓
 竣工
竣工

 
11. 竣工、建物引渡し
引渡し検査や手直しを経て晴れて竣工お引渡しを行い、当事務所との業務契約も完了です。
 
12. アフターフォロー
瑕疵保証期間中に発生した不可効力的不具合の施工者との折衝や、将来的な増改築相談・経年変化改善計画などのご相談に対応致します。